読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Los Viajes de Bala

弾丸旅行でいろいろと。

北海道ツーリング Day 2 ~晴れてきた篇~

レインウェアを脱ぎ、天候も回復とまではいかないものの、だいぶ走っていても快適になってきました。

f:id:e-bar:20160922161644j:plain

 

とにかく距離を走るツーリングになってしまったので、下道ではなく道央道を駆使します。

 

途中、面白そうな建物が。

f:id:e-bar:20160922161000j:plain

 

どうやらお土産物をたくさん取り扱っているサービスエリアのようで、通常のSAから逸れて入る造りになっていました。

 

で、ここは砂川SAというところですが、ついに「日本最北端」の文字が!

f:id:e-bar:20160922160851j:plain

 

 

そして、留萌あたりから天候が回復してきて、道の駅「おびら鰊番屋」では青空が!

f:id:e-bar:20160922160855j:plain

 

このツーリング初めて見る太陽!

f:id:e-bar:20160922160900j:plain

 

ニシンのプレートに思い出書けるって!

f:id:e-bar:20160922160857j:plain

 

っと、気分が上がってきてガンガン走ると天気が快晴に!

朝の雨のことなど忘れてしまうほどいい天気。

f:id:e-bar:20160922160904j:plain

 

で、だいぶ日が暮れてきて、初山別みさき台公園では・・・

 

あーもう日没だっ。

f:id:e-bar:20160922160908j:plain

 

じつはここで金毘羅神社という、海にたつ鳥居を見に行こうと探したのですが、見つけられず。

事後調べてみたら、階段を降りて右のエリアを探していたものの、本当は左のエリアだったと。。ざんねん!

 

日が暮れる前に稚内へ着いておきたい一心で走らせますが、全然距離が伸びない!

でも、景色はいいです。

f:id:e-bar:20160922160912j:plain

 

旅って感じだなー。

 

とかとか呑気に写真を撮っていたら、稚内に着いたのは19時。

もう真っ暗。

f:id:e-bar:20160922160927j:plain

 

日本の最北端駅。

f:id:e-bar:20160922160956j:plain

 

こんな打ち止めのモニュメントも。

f:id:e-bar:20160922160943j:plain

 

ホテルには先客のライダーがいました。屋根つきの駐輪場がうれしい。しかも、そのままホテル内にアクセスできる入口があるので、それだけライダーが多いんでしょう。

f:id:e-bar:20160922160946j:plain

 

みんなフルカウルだね。

ホテルの人曰く、昔はモトクロスばかりだったのに、最近はこういうスポーツタイプが多い。しかも、日本のバイクはデザインがいまいち。Kawasakiくらいしかいいのがない。っと熱弁。

 

きくと、昔は奥多摩で峠を攻めていた方らしい。(なぜに稚内へ?)

 

っと、今日も結局 日のあるうちにホテルへは着かず。

 

夕飯は稚内名物のたこしゃぶ。

f:id:e-bar:20160922160949j:plain

 

魚嫌いだけど、一応 北海道まで来たのでチャレンジをしないと。。。

でも、不安なので、奥に見える稚内黒牛のステーキも注文。

 

うん、タコは全然問題ない。っというより、これはおいしかった!

 

ただ、このお店の入り口に「ここまできたら サハリンビール」というポスターが貼ってあったので楽しみに入ったのに夏季限定で、もう品切れとのこと。

残念。。

 

夕飯を終え、明日の朝一に日本最北端の温泉へ行こうと思うも、10時開店。

これでは、次の日の旅程が狂うと思い急きょタクシーで向かう。

 

稚内温泉 童夢

f:id:e-bar:20160922160952j:plain

 

入ると証明書が買えるよ。手作り感がいいね!

f:id:e-bar:20160922160958j:plain

 

ここでもう一つ問題が。帰りをどうするか。

温泉に着いたのは20:15。

タクシーをまた呼んでも良いのだけど、片道だけでも結構いい値段。

 

温泉の店主に聞くと、どうやら20:48に最終の稚内へ行けるバスがあると!

この時20:20。

 

「ごゆっくり~・・ってわけにはいきませんね。」と店主に見送られ、急いで温泉に入り、10分ほど温泉を堪能し、体を拭いて、荷物をまとめて。

 

20:45受付にタオルを返却。

 

うん!最北端の温泉入った!

 

予定通り20:48にバスがきて無事乗車。お客さんゼロ。

行きのタクシーの1/10ほどの金額で済みました。

 

最後はまた北海道ものをホテルで堪能。無駄なやりきった達成感。

f:id:e-bar:20160922170029j:plain

 

●2016.9.18 Sun.

・室蘭→真駒内滝野霊園(札幌)→奔別炭鉱廃墟(三笠)→稚内

・この日の走行距離:511.7km

バイクに乗っていた時間:7時間40分

f:id:e-bar:20160922161536j:plain