読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Los Viajes de Bala

弾丸旅行でいろいろと。

北海道ツーリング Day 1 〜陸篇〜

ぼちぼち北海道が近づいてきたので準備して。っというアナウンスで見えてきたのが五稜郭タワー

f:id:e-bar:20160922113830j:plain

 

っといわけで、14年ぶり3度目、フェリーではお初の北海道上陸。

 

到着したのが11:20。

そこから、下船するのに時間がかかり、結局 降りられたのは20分後くらい。

 

で、ちょうどお昼時だったので函館名物 ラッキーピエロ

f:id:e-bar:20160922113837j:plain

 

中はこんな感じ。

f:id:e-bar:20160922113834j:plain

噂には来ていたけど、ハンバーガー以外にもかつ丼やらカレーやらなんでもあり。

 

店内は混んでいたので、外でSprintをテーブルに「チャイニーズチキンバーガー」とガラナをいただく。

f:id:e-bar:20160922113840j:plain

ボリュームもあって個人的にはおいしかったです。

 

んで、そっから目指すは本日の宿泊先である室蘭。

 

函館からすぐに道央道に入れるかと思いきや、案外一般道が続き、道央道の入り口 大沼公園IC

f:id:e-bar:20160922113824j:plain

 

雨が降るんだか降らないんだかのどんよりとした空模様。

気温も本州と比べてずいぶん低くて20℃の表記。

 

体もやや冷えてきたこともあり、ちょっと時間もあったので少し足を延ばして登別温泉へ。

f:id:e-bar:20160922113827j:plain

 

見事な視線誘導の構図で鬼が出迎えてくれます。

 

登別温泉は登別グランドホテルの日帰り湯に行くも、またも鬼がお出迎え。

f:id:e-bar:20160922113848j:plain

 

今度は目が光ります。(左手が痛いんじゃないかな・・)

 

温泉は硫黄泉と鉄泉、食塩泉があり、ローマのテルマエっぽい内湯の温泉と、日本庭園っぽい露天風呂でした。

 

3種類も入れて、タオルもついているので、初日からタオルを濡らさなくて良いので素晴らしいけど1500円。

箱根価格でした。

 

湯上りは白い恋人ソフト。美味。

f:id:e-bar:20160922113842j:plain

 

そうこうしていると、完全に日が暮れ、北海道の夜道を堪能・・・

っというより、関東の峠道よりも光がなくて本当に暗闇。

 

インターチェンジにいた鬼も夜のライトアップでだいぶ不気味に(写真撮れなかったけど)。

 

 

基本、今回は初の北海道ツーリングで体力的なことを考え、キャンプはしない。ホテルもビジネスホテルクラスを取るという北海道ベテラン者にとってはだいぶグータラな旅。

 

ホテル室蘭ヒルズ

f:id:e-bar:20160922113859j:plain

バイクの人が先に1名宿泊の模様。

カバーをかけて律儀だなーっと思っていたものの、その理由を翌日知ることとなる。

 

夕飯は室蘭名物の豚くし。

f:id:e-bar:20160922113852j:plain

ねぎまだと思って頼んだらネギだけ。

豚くしはタレと塩を2本ずつ。

ビールがSAPPORO CLASSICという北海道だけでしか飲めないらしい。

 

ちなみに、室蘭の街はこーんな感じのちょっと暗いところ。

f:id:e-bar:20160922113856j:plain

 

ホテルで北海道名物「ソフトカンゲツ」とさっきのビールがおいしかったのでもう一本買って帰ったところで終了。

f:id:e-bar:20160922113902j:plain

 

長い一日でした。

 

●2016.9.17Sat.

・盛岡→青森→フェリー→函館→登別→室蘭

・この日の走行距離:426.6km(フェリー含まず)

バイクに乗っていた時間:5時間37分

f:id:e-bar:20160922113817j:plain