読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Los Viajes de Bala

弾丸旅行でいろいろと。

BATH!!

BATHに行ってきました。

お風呂のバスの語源になった街だとか。

この街の読み方はバースらしいけど。

さて、今回も行きたい場所が何ヶ所かあったのと、お金の節約のために(なってるのか?)レンタカーで!

今回はおフランスな上から目線を醸し出す

PEUGEOT 3008 (MT)

レンタカーのピックアップ時間に間に合わなく、行ってみたら なぜかグレードが上がって22時返しが一日契約に変更に。

なんと差額は£7。

乗った感じはパワーがややないかなっと。

大人5人のっているのもあるけど。

取り回しは結構 楽かな。

ただ、操作性が意味不明!

まずパーキングブレーキレバー、ペダルがない!

っというか、とあるスイッチを上げてクラッチを踏むとかかる。

で、ブレーキを踏みつつスイッチを上げてクラッチを踏むと解除。

オール電子制御で意味不明!タイムラグ結構あるし。。

オートクルーズ、リミット設定もできるけど、Mercedesなんかより意味不明。

ダイヤル回して指定のマイルをボタンで入力してスイッチをオン・・・

やってるうちに事故る。

最後は慣れてきたけど、ちょーっと面倒かなぁ。

さて、本題BATH。

ここの名物はイギリス唯一の温泉が湧く街。

世界遺産のRoman Bathsなんかもあったり。

で、休みということもあって凄い人!

正面に見えますはバース寺院。

飲泉ができるPUMP ROOMレストラン

人が多すぎて入場制限をしているThe Roman Baths

結局、人が多すぎて入れるのがいつになるか分からないこともあり、目の前までみて終了。

盗撮まがいに隙間からカメラを突っ込んで撮ったThe Roman Baths内部。

この人たちの見ている先にグレート・バスという大きい風呂があるそう。

入れないけど。

あとはNumber One Royal Crescent。

三日月型に建てられたテラスハウスが円形におかれていて、一周ぐるりとこの建物。ちゃんと人も住んでます。

正直、この街はRoman Bathsを見ないことには始まらない気がしました。

まあ、一つ収穫があったので良かったけど。

飲泉はしてみたかったけど、またの機会に。

そんなこんなで、不完全燃焼の中 つぎなる目的地BLAENAVONへ!

途中で見つけたSAのゴミ箱。

続く。