読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Los Viajes de Bala

弾丸旅行でいろいろと。

Happy Easter!!

昨日の夜10時頃から突如 爆竹やら打ち上げ花火で幕を開けた(はず)EASTER。

っといっても無宗派に近いほどに宗教が違うし、このイベントも良くは分からないので連休3日目。

昨日のバーキンガムの疲れもだいぶ取れ、朝からスカイプ

日本とは8時間の時差がある物の、普通にテレビ電話が出来るのは毎度ながら不思議な感じ。

非常に楽しい時間でした!

して、今日は溜まった洗濯物をいい加減洗わなければ、、

っという事で、£10紙幣を握りしめて2回目の洗濯へ。

歩いて5分くらいのところにランドリーがあります。

こんな感じ。

日本のランドリーは使った事ないけど、こんな感じなんですかね。

とにかく この国。ぴったりの小銭を用意をしないとダメ。

しかも両替機がないでやんの! すっかり忘れてた!

あと、洗剤の機械もいつも壊れてる(写真左)。

なので、前回の時に買ったDaz様で強力洗濯!

紙幣しかないので、近所のスーパーでパンとコーヒーを買って崩す。

それがお昼ごはん。

洗濯から乾燥まで約1時間。

パンとコーヒーをもそもそもそもそもそ。。。

だらだらと過ごすと 一日はあっという間。

夕飯はホームステイ先の人がEasterで親戚のところに行くからとナシ。

っというか、悪いのでナシで良いと言っておいた。

今日こそはFish & Chipsを食べるべく、ここ周辺をPCで大検索!

が、ない。

ただ、地図を見ていると、普段行かない西側に同じくHendonという駅を発見。

地下鉄ではなく、普通の鉄道。

まあ、駅周辺なら何かあるでしょう!

っと思ったのは甘かった。。。

っというより、危なかった。

ここ、ちょっと柄が悪い。

こんな感じ。

アラブ系の方々が多くいらっしゃり、ケバブとかチキンのなんとかとかを 身内のみを歓迎するムードでやっています。

ちなみに、普段使っているHendon Central 駅前通りVivian Roadはコレ。

ちょっと見にくいけど、この先にランドリーやらお店、地下鉄のHendon Central駅があります。

Hendon駅周辺は歓迎ムードで出はなかったので、あっさり引き返し。

ちなみに、駅も比較。

Hendon

Hendon Central

いろいろ一目瞭然ね。

で、結局夕飯はHendon Centralのセイロンカレー屋「Prince of Ceylon」に行きました。

っというか、ここくらいしか入れそうな店がなかった。。

とりあえず今回もまたFish & Chipsはなさそう。

カレーとご飯とビールを注文。

ビール

Lion というスリランカビール。

紅茶を作っていたイギリス人が1880年に開発したとか。

味はフルーティーでおいしい。

で、カレー。

頼んだのはチキンカレー。

もう一つ下にDevilled Chicken Curryというのがあり、悪魔のカレーって、、

興味はそそられるも辞退。

帰って調べたら辛口らしい。

まあ、そんなもんだな。

味は上々。当然ながらエスニックな感じ。ご飯は異常なまでにパラパラ。

パウダースノー降りたて!って感じ。ご飯だけだと不味い。

店員さんがしきりに「観光?」 「この店は初めて?」 「イギリス料理は食べた?」 「辛くない?」

っと聞いてきてくれて、現地の人とコミュニケーションが取れた!

お店には3組くらいしかいなかったし。

ただ、この店。お客さん含め、自分以外はみんなスリランカ方面の黒人さん。

ロンドンにいる事を忘れさせてくれました。

そんなこんなで、久しぶりにゆったりした休日。